1日でブルックリンを堪能!ウィリアムズバーグで朝ごはんからお土産まで! 1日でブルックリンを堪能!ウィリアムズバーグで朝ごはんからお土産まで!

こんにちは!ブルックリン大好きのプレ夫です。ここ最近の日本でのブルックリン人気はすごいですね!確かにブルックリン自体も沢山のお店がいっぱいできていて、今一番イケてる街のウィリアムズバーグにはAPPLEやホールフーズウィリアムズバーグ店、さらには大きなチェーン店までできている状況です。数年前まではスタバもないような街だったのに今の人気の上がり具合はすごいものです。実は世界で一番不動産の値段が高いと言われているマンハッタンよりも実はもうウィリアムズバーグの方が高いのではないかと言われております。一度は行きたい人気のブルックリンですが、なかなか短期の旅行だと自由の女神エンパイアステートビルに登っていたり、セントラルパークでゆったりしていたりするとなかなかブルックリンまで行く時間がないとよくお聞きいたします。そんな皆さんの為に短い時間の中でもブルックリンを探索できるようにブルックリンの中でも一番人気のウィリアムズバーグの見どころを10個にまとめてご紹介したいと思います。

短い時間でもブルックリンを堪能!ウィリアムズバーグで朝ごはんからお土産まで!プレ夫のおすすめベスト11

     まずはベッドフォード駅へ行きましょう

  1. 8AM:朝ごはんといえばEGGレストラン
  2. 9AM:ブルックリンのチョコレート:MAST BROTHERS
  3. 10AM:ブルックリンコーヒーブームの張本人、ブルーボトル
  4. 11AM:ホールフーズウィリアムズバーグ店でお土産調達!
  5. 正午:Dumont Burger でお昼ご飯!
  6. 2PM:Rabbithole でスコーンでお茶!
  7. 3PM:Marlow & Sonsでコーヒーと人気のバッグをゲット
  8. 4PM:MatchaBarでグリーンティ!
  9. 5PM:夜はBrooklyn Breweryでビールだ!
  10. 7PM:せっかくだったら泊まってみよう!Wythe Hotel
  11. 9PM:Brooklyn Bowlでライブ見ながらボーリング!

まずはベッドフォード駅へ行きましょう

日本で最近流行りのブルックリン。このブルックリンという地域は実はものすごく広いんです。ダンボやウィリアムズバーグ、最近流行りのブッシュウィックやフォートグリーンなどのエリアは本当にちょっとだけで、安全な地域から今だにニューヨークとは思えないほどとてつもなく治安の悪いエリアもあったりします。観光の場合は是非とも安全な地域だけに行かれるようにしてくださいね。

ベッドフォード駅
今回ご紹介するエリアはブルックリンの中でも最も開発が進んでいるベッドフォード駅があるウィリアムズバーグエリア。他の地域にはいかずにここに1日だけ、もしくは半日だけしか使えないという状況の場合、どこへ行くのが一番お勧めなのかを今日はご提案させていただきます。
ベッドフォード駅はグレー色のラインL線に乗ってブルックリンに渡ったときの最初の駅です。タイムズスクエアやセントラルパークからは黄色か緑のラインの電車にのって、ユニオンスクエアでL線に乗り換えるのがベストです。ユニオンスクエアからは5分から10分ほどで到着するのでマンハッタンからベッドフォードまではすごく近いので人気の理由がわかりますね。
ベッドフォード駅まで着いたらさーブルックリン観光のスタートです!!!

1、朝ごはんといえばEGGレストラン

時間が無い中でのブルックリン観光、時差ぼけで眠い体を無理して朝いちから動き出しましょう!プレオの計画では、午前8時にここに集合です。最初の1件目はまずはレストランのEGGで朝ごはんを食べるのが一番のお勧め!

EGG RESTAURANT
ニューヨークのレストランは美味しいところや有名なところになるとかなり値段が高いところが多いですよね。でも、ベテランのニューヨーカーは朝ごはんにこだわります!平日でもEGGは朝から開いてますし、もちろん土日のブランチもやってますよ!また、ブランチになると少し特別メニューになったりしますので、もし土日に時間が取れる場合は是非ともブランチに行くことをお勧め!

さて、それではEGGレストランに入ってみましょう!

IMG_5601_light

入り口には大きな緑、ブルックリンらしいナチュラルで健康なイメージが店内を埋め尽くしております。

IMG_5600_light

レストランのシェフの本でしょうか。お土産にも最適ですね。でもこんなに厚い料理本を日本に持って帰るのは大変ですね。

IMG_5596_light

テーブルの中央にこんなに大きな花瓶があるなんて贅沢ですね。こういった花瓶やサンクスギビングが近いからか大きいかぼちゃがテーブルにぼってと置かれていたりなど、自然をふんだんに使ったディスプレイはものすごくおしゃれです!

IMG_5577_light
朝一からでもお客さんがとっても多いので、通常の土日のブランチタイムなんかはもう数時間待ちはざらです。お勧めは平日の朝!とっても空いているので土日しか行ったこと無い人はびっくりするくらいです。

IMG_5591_light
まずオーダーしたのは、バターミルクビスケット $3
この安さで焼きたてのビスケットが食べられます。一緒についてくるブルーベリージャムはおそらくホームメード。ビスケットはすごく素朴な味で、それをブルーベリージャムの優しい甘さが引き立てます。シンプルなのに奥が深い、追求されつくしたビスケットなんだと思います。

IMG_5593_light

こちらは定番のフレンチトースト $12
信じられないふわふわのフレンチトーストです。こんなのニューヨークの他のレストランで食べられるんでしょうか?と思えるくらいとってもふわふわなブリオッシュ。バーモントメープルシロップをかけて食べましょう。10回来ても毎回同じく頼んでしまうくらい洗練されたフレンチトーストだと思います。

IMG_5589_light

もうひとつオーダーしたのは、プルドポークサンドイッチ $14
ニューヨークのBBQ屋さんではよく売っているプルドポーク(豚肉のバーベキューを削り取ったようなお肉)とコールスローと一緒に食べるサンドイッチ。BBQ屋さんだと結構がっつりしたメニューですが、流石EGG、かなりオシャレなさっぱりした味わいです。オイリーだったら他の料理も食べれなくなっちゃいますが、そんなことはありません。これを食べてもデザートも食べられると思います。

レストラン名:EGG
住所:109 N 3rd St, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:eggrestaurant.com
営業時間:朝7時から午後5時まで (土日は朝8時から)

2、ブルックリンのチョコレート:MAST BROTHERS

午前9時、朝食も食べてほっこりしたら、早速甘いものを食べませんか?お勧めしたいのは、ニューヨークではすっかり定着しているマストブラザーズのチョコレート。結構ニューヨークのスーパーでも売ってたりしますよ。実はチョコレート工場は先ほどのEGGの隣にあるんです!これはいきなり時間短縮になりますね!

MAST BROTHERS
EGGの隣で同じく白壁にシンプルなサイン。オシャレですね。MASTというサインを見逃したらわからないかもですね。

DSC_3346_light
チョコレート屋さんというよりは最早ギャラリーのような感覚ですね。壁にかかってる絵も素敵。

mast brothers
チョコレートのディスプレイが本当にオシャレ。作りたての生チョコレートもここで食べることもできます。もちろんお土産にも!

マストブラザーズ
ショールームの奥にはチョコレートを作っているチョコレート工場が!そうなんです。マストブラザーズのチョコレートはまさにこのブルックリン、ウィリアムズバーグのこのお店で作られているんです。

マストブラザーズ
ここではホットチョコレートなどのコーヒー系の飲み物も注文できます。ブルックリンではチョコレートは飲み物です!

マストブラザーズ
また、ここでは毎週土曜日の午前10時から一時間、小さいお子様向けのイベントも開催されています。
この日はスペイン語と英語を使って歌うイベントでしたが、とっても子供達も楽しそうでしたよ。
英語もとっても簡単な英語ですし、全然英語もスペイン語もわからなくてもお子さんには楽しいイベントだったと思います。
小さいお子さんがいらっしゃる方は是非とも参加されることをお勧めいたします!
参加費は無料でしたが、チップを先生にお渡しされることを忘れずに!この日の先生は間違い無くブルックリンで活躍してそうなシンガーソングライターさんで、とても歌が上手で素晴らしかったです!

マストブラザーズ
ちなみに話が戻ってここで売られているチョコレートの金額はここでは出さないことにしておきます。正直安くはないですが、、、他の場所でもマストブラザーズのチョコレートは売られていますが、この本店での金額が一番安いです。なので、他の場所で見つけてもブルックリンのマストブラザーズに行く予定がある場合は我慢して、ここで買うことをお勧めいたします!

マストブラザーズ
ニューヨークのお土産といえばマストブラザーズと言われるくらい日本のニューヨーク通の間では大人気の商品。パッケージもダントツでかっこ可愛いですし、多少高くても買って帰られることをお勧めいたします!

ショップ名:マストブラザーズ
住所:111 N 3rd St, Brooklyn, NY 11211 (EGGの隣です)
オフィシャルウェブサイト:https://mastbrothers.com/
営業時間:朝9時から午後8時まで
子供向けイベント:毎週土曜日の午前10時から一時間程度(無料ですがチップは忘れずに!)
チョコレート工場見学の時間:毎日朝の11時から5時までの間で定期的に開催。一人10ドル。予約がお勧めです。
予約はウェブサイトのブルックリンページより。

3、ブルックリンコーヒーブームの張本人、ブルーボトル

さて、次はアメリカ西海岸発ながら、ブルックリンで大人気になったサードコーヒーウェーブの中心、ブルーボトルに行ってみましょう。既に日本に進出して東京にも店舗があるブルーボトルですが、ブルックリンのブルーボトルはまさにこれを日本に持って行ったんだなというのがわかる、カフェのかっこよさ、雰囲気は未だにブルックリンいち!絶対に行っておいた方がいいお店の一つです。

ブルーボトル
平日の朝は未だに行列ができるほどブルックリンの住人逹には生活に溶け込んでしまっているブルーボトル。犬の散歩の途中に立ち寄る人やお店の前でただぼんやりしている人、まさにブルックリンライフをここで見ることができます。

ブルーボトル
この青いボトルの看板が目印です。

ブルーボトル
ブルーボトルは普通のコーヒーでもいっぱいずつ淹れてくれるスタイル。自分のオーダーしたコーヒーが出来上がるのを楽しみに待つ時間もまた楽しい一時です。実はブルーボトルブルックリン店で使っているコーヒーフィルターは日本製なんです。オーナーが最高のコーヒーフィルターを世界中で探し回ってようやく見つけた最高の品は日本製だったそうなんです。iPhoneの数多くの部品が日本で作られているのと同様に、日本のこだわりの技術はここニューヨークでも活かされています。

ブルーボトル
コーヒーの味はいたって日本人好みと言いますか、濃すぎずとってもいい感じのバランスのとれたミディアムボディの味。

ブルーボトル
気になるブルーボトルで買っていただきたいNYお土産セレクションはこちらのドリッパートートバッグ $10。

ブルーボトル
このブルーボトルの目印は青い看板の他にも建物に書かれているこのグラフィティがとってもかっこいい!ブルーボトルがニューヨーク1店目に選んだのがこの1910年に建てられた古いビル。レンガ造りの建物にこのかっこいいグラフィティ、ブルックリンって感じですよね。ニューヨークといえばバンクシーが書いているグラフィティがいたるところにあることで有名ですが、バンクシー以外でもかっこいいグラフィティは沢山ありますので、有名グラフィティを探す旅をするのも楽しいですね。

ショップ名:ブルーボトル ウィリアムズバーグ店
住所:160 Berry St. Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:bluebottlecoffee.com/cafes/berry-st
営業時間:朝7時から午後7時まで (木曜日定休)

4、ホールフーズウィリアムズバーグ店でお土産調達!

さーお次はホールフーズのウィリアムズバーグ店へ行きます。ブルーボトルの隣のブロック。ウィリアムズバーグの中でもベッドフォード駅近辺は本当に行かなければいけない店が多すぎます。。。ここにはブルックリンで作られている沢山のプロダクトがセレクトされていて、まさにブルックリン見本市とはここだと言っても過言ではありません。また、ブルックリンだけでなく、ニューヨークの有名スイーツ、お菓子、コーヒーなどなどニューヨークの美味しい!を集めたらホールフーズウィリアムズバーグ店になっちゃいましたって言われても納得です。

先日、このホールフーズに関しては詳細にレポートしましたので、下記の記事を参考にされてください!
ブルックリンを堪能!ホールフーズウィリアムズバーグ店がオープン

ショップ名:ホールフーズ ウィリアムズバーグ店
住所:238 Bedford Ave, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:http://www.wholefoodsmarket.com
営業時間:朝8時から午後11時まで (年中無休)

5、Dumont Burger でお昼ご飯!

ここでようやくお昼ゴハンというプランです。大丈夫でしょうか!皆さん、まだまだブルックリン堪能の旅は始まったばかりです。
さて、次はプレオがブルックリンで一番お勧めのハンバーガー屋さんの、デュモントバーガーへ行ってみましょう!

デュモントバーガー
ホールフーズ ウィリアムズバーグ店からベッドフォードアベニュー少し南へ下って、South 1st と South 2ndの間まで向かいましょう。ここに目的地のデュモントバーガーがあります!写真の通り、このあたりは特にイケテルレストランやバーが多いこともあり、オシャレな若者逹が沢山歩いています。

デュモントバーガー
ちなみにこの記事を書いている11月後半はとてもじゃないですが外で食べている人は誰もいませんので、夏に撮影した写真を掲載しております。デュモントはこのお店の前でベッドフォードアベニューを歩いている人を見ながら食べられるとっても楽しいお店でもあります。

デュモントバーガー
暖かい日にはニューヨーカーは誰もがこぞってレストランの外の席(アウトサイド)の席をとろうとします。だってお外で食べるゴハンは美味しいですからね。その気持ち、すごくわかります!

デュモントバーガー
お店の中はちょっと古いアメリカを彷彿とさせる木造のすごいラフなイメージの作りですが、やはりオシャレ!ここでゆっくりビールを飲みながらハンバーガーを食べれたらそれはもう幸せ気分間違いなし!
さて、ここではハンバーガーだけでなく、ブルックリン特有の地ビールなんかも楽しめます。

デュモントバーガー
元々ハンバーガーはニューヨークではお酒を飲むバーで食べることが多いメニューです。デュモントに来るお客さんもハンバーガーを食べには来ているけれども友人逹とワイワイお酒を飲みに来ていてそのついでにハンバーガーも食べているっていうお客さんがすごく多いと感じます。

デュモントバーガー
さて、その気になるハンバーガーですが、
Dumont Burger 5oz(ミニサイズ)$12、8oz(レギュラーサイズ) $14 
サイドをポテトがサラダかスープを選ぶことができます。ポテトもついてこの金額!とってもリーズナブルですよね。ブルックリンだとこういうものすごくこだわりの料理も手軽な金額で食べることができます。(手軽な金額といってもラーメン一杯を20ドル近くで食べようとしている人達がいるニューヨークの市場価格ですからね。。。)

Dumont Burger
プレオの個人的なお勧めはポテトを絶対食べていただきたい!
ビールは是非ともブルックリン生まれのSIXPOINTのSWEET ACTIONを選んでいただき、そのつまみにポテトとハンバーガー!これでもうブルックリン観光のランチは完璧です!

デュモントバーガー
デュモントバーガーがお勧めな最大の理由はこのお肉のパテ。このパテのお肉が物凄く美味しいんです。とってもジューシーなアンガスビーフが野菜とバンズととっても相性ぴったり。TO GO(お持ち帰り)もできるんですが、このジューシーなお肉を堪能するには是非ともSTAY(レストラン内で食べること)をお勧めいたします。

NEWS12という番組でもデュモントバーガーが紹介されていて、英語ですが美味しい雰囲気は伝わると思います。
Brooklyn burger joints named among best in country

ちなみにハンバーガーよりもやっぱステーキっしょ!という肉好きな方は、是非とも迷わずピータールーガーへ!プレオが以前ご紹介した記事をご案内します。ピータールーガーももちろんお勧めです!
NYでステーキ食べたい! | ピータールーガー編

レストラン名:Dumont Burger
住所:314 Bedford Ave, Brooklyn, NY 11211
オフィシャルウェブサイト:dumontburgerbrooklyn.com
営業時間:朝11時30分から深夜12時(金土は午前1時)まで

6、Rabbithole でスコーンでお茶!

デュモントバーガーから数ブロック下っただけいくとラビットホールはそこにあります。このお店、ウィリアムズバーグの地元では知られているお店ですが、日本ではほぼ全く紹介されていないようなお店です。実はこのお店、ウィリアムズバーグのブランチができるお店の中でも今や数時間待ちもざらという状態の超人気店に登りつめている大注目のレストランです。つまりブランチで行ってしまうともう入れる可能性がかなり少ないという状態になってしまい、もうお勧めなのかお勧めじゃないのかわからないレストランです。

ラビットホール
お店の上の方にかけられいるとっても可愛いニンジンの看板が目印です。目印といってもとっても分かりにくいですが、もうこの絵の看板からオシャレオーラが伝わってきます。ちなみにブランチの時はこのお店の前に真面目に100人くらい集まってるんじゃないかというくらいとんでもない人数の人達が入店待ちしております。

image28
お店の内装は全面レンガ造りでヨーロッパの昔の佇まい感がすごいです。お店の人に聞いたことないのでわかりませんが、おそらく築100年くらいあるんじゃないかと思わせる雰囲気のある建物です。しかもその内装に関してはほぼその雰囲気をそのまま使われていて、机や椅子もアンティークなものばかりでお店の中は全てオシャレだらけです。

image29
さて、何を注文しようかなって話なんですが、まず絶対食べていただきたいのはスコーン!ここのスコーンはお店の中で手作りで焼いているので朝の焼きたての時なんかに食べちゃうとたまりません!カリ!フワ!っていう感触が好きな日本人であれば誰しもが虜になってしまうことは間違いありません。ブルックリンのスコーンといえば、OVENLYですが、全然OVENLYよりも美味しいとプレオは断言いたします!

参考:(ホールフーズ ウィリアムズバーグ店で買える OVENLY のスコーン)

image30
もし、デュモントバーガーに行かなかったとして、ここで絶妙なランチタイムを迎えてしまったのであれば、迷わずランチを食べましょう!
ラビットホールのオーナーとお話させていただいた時の話なんですが、お勧めのメニューは?と聞くと全部美味しいよ!と言って全てのメニューを切々と説明されたことがあります。っていうくらい食べ物には自信があるそうです!この画像はパストラミサンドイッチで、ただのサンドイッチではなく、コンソメスープをつけて食べるというディップサンドイッチなんです。パストラミとヨーロッパ風の固いパンとの相性もぴったりでこの固いパンをスープにつけた時に味がつきやすいんでしょうね。かなり美味しいサンドイッチだと思います。
このサンドイッチ以外でもラムバーガーやオムレツなんかも人気商品です。是非ともおためしあれ!

レストラン名:ラビットホールレストラン
住所:352 Bedford Ave, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:rabbitholerestaurant.com
営業時間:朝9時から夜11時

7、Marlow & Sonsでコーヒーと人気のバッグをゲット

さて、ここから更にベッドフォードアベニューを南下して、ブロードウェイという道までつきあたり、右に曲がると2ブロック目にあるこのお店がマーロウアンドサンズ。ちなみに隣のDINNERというレストランも同じ系列だそうです。こちらも中は電車の中みたいな内装になっていてとてもオシャレです。

マーロウアンドサンズ
入り口はいたって普通のカフェレストランって感じですよね。

マーロウアンドサンズ
中はこちらも流行りの昔のアメリカを彷彿とさせるラフな作りの内装とアンティーク調の家具。

マーロウアンドサンズ
この時はビスケット$3 とクリスピーライスボウル $15をオーダーしました。ライスボウルといっても唯の丼ではなく、ローストされた芽キャベツと卵焼きが入っていたり、見た目も素敵でもちろん美味しかったです!

092cc41de2fe4c8290415f99e31b37f0_820x820
全然普通に使えるバッグを販売しております。これ以外にもTシャツだったり色々と小粋なオシャレアイテムを販売しております。中には500ドル超えの高級バッグ、、、なんかも売ってます。
オンラインだとここから買えます。 
http://shop.dinernyc.com/marlow-amp-daughters-tote-bag
自由の女神グッズみたいなベタベタアイテムよいですが、ちょっとオシャレな人向けのお土産には非常に重宝するアイテムです。プレオもここのアイテムは結構NY土産に使わせていただいております。

レストラン名:Marlow & Sons
住所:81 Broadway, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:marlowandsons.com
営業時間:朝8時から夜12時

8、夕方からMatchaBarでグリーンティ!

ここから一気に北上してしまいます。といっても歩いていける距離ですよ!

MATCHA BARに関しては沢山の写真と説明がありますんで、こちらの記事にまとめて書いております。
MATCHA BARでブルックリン風に抹茶を頂こう!
マッチャをエスプレッソで飲むというブルックリン風のかっこいい抹茶を堪能してください。

レストラン名:マッチャバー (Matcha Bar)
住所:93 Wythe Ave, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:matchabarnyc.com
営業時間:朝8時から夜7時 (土日:朝10時から夜7時まで)

9、5PM:夜はBrooklyn Breweryでビールだ!

brooklyn Beer

さて、お次は、、、ブルックリンといえばブルックリンビアーです!!!
なんと先ほどの抹茶バーからすぐ近くにはブルックリンを代表するビール工場があります。しかもここでは作りたての生ビールを飲むことができるんです。もうそれは美味しいに決まってますよね。このブルックリンビアーのロゴは恐らくニューヨークのデリやビール屋さんに行けばよく見かけるロゴだと思います。いろんなところで売っているんですが、ここでは作りたてが飲めますからね!!!

週末の忙しい時間だとものすごい行列になることもあるので、できるだけ混まない平日の時間が本当はオススメです。

今回は中での撮影ができませんでしたが、、、パブっぽい感覚で立ったまま友人達としゃべりながらだらだら飲んで、隣の人と仲良くなったりすることもある楽しい場所です。結構観光客も多いので、プレオが以前いった際は一緒に来た英語が全くの日本人の友人は偶然旅行で来たヨーロッパからのひとや、ブルックリンに住んでるアーティストと友達になってました。NYでは勢いって重要だなと思った瞬間です。

お店の名前:Brooklyn Brewery
住所:79 N 11th St, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:brooklynbrewery.com
営業時間:金(6pm-11pm)、土(正午から夜8時)、日(正午から夜6時)

10、7PM:せっかくだったら泊まってみよう!Wythe Hotel

それにしても沢山いろんなところに行って美味しいものや楽しいところに行き尽くした感がありますが、お疲れではありませんか?せっかくなんでブルックリンで宿泊しませんか?このWyth アベニューにはNYのお洒落ホテルの代表格で日本の雑誌にも頻繁に登場するWyth ホテルがあるんです。まーもちろん安くはないです。。。

wythe hotel

見た目からしてブルックリンっぽいレンガ造りの建物。実はこのあたりはwyth hotelができる前から知っていましたが、まさかこの建物がホテルになるとは全然想像ができませんでした。ブルーボトルの建物もそうですが、古くからあるレンガ造りの工場をリノベーションするセンスってお洒落極まりないですよね。
wythe hotel
内装もやっぱりお洒落に作られていて、新しいものと古いものとが調和するいい感じ。

wythe hotel
レストランも併設されていてもちろん美味しいんだと思います。いつか行ってみたい!

wythe hotel
映画館?もあるようでこちらはプライベート専用のみみたいですね。

ちなみにプールもついていて、ソルトウォータープールになっていることも有名です。プールの水にまでこだわっているホテルはニューヨークでもそうそうないですよね。夏はプールだけに入ることも可能みたいなので、夏にはここで泳いでみてはいかがでしょう。

ホテルの名前:Wythe Hotel
住所:80 Wythe Ave, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:wythehotel.com

11、9PM:Brooklyn Bowlでライブ見ながらボーリング!

brooklyn bowl
さて、出費を惜しまずwyth hotelにチェックインした後は、、、やっぱり飲みにいきたいですよね。
ホテルの前にはなんとボーリンク場とライブハウスがドッキングしたとってもクールなスポット、ブルックリンボールがあります。

brooklyn bowl
音楽好きな人なら知っている結構有名なブルックリンのバンドなんかも演奏するような意外にちゃんとしたライブハウスになっています。数年前には夏の野外コンサートで演奏する予定だったフガジが雨で中止になって、突然ブルックリンボールに会場が変更になりとんでもない人達がここに駆けつけました。

brooklyn bowl偶々自分の好きなバンドが演奏してたりしたら嬉しいですよね。ニューヨークというかアメリカは日本と違ってコンサートは安めに設定されているので、音楽好きにはたまらない街だと思いますが、特にブルックリンは極めてコスパが高いです。ブルックリンボールもそうですが1000円から1500円くらいで結構有名なバンドのライブが見れちゃったりするのがブルックリン。

お店の名前:Brooklyn Bowl
住所:61 Wythe Ave, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:brooklynbowl.com

ちなみにこのブルックリンボールの目の前にはOUTPUTというEDM系のDJの人達がまわすクラブもあるので、ダンスミュージック好きにもこのあたりの場所はオススメです。ニューヨーカーの音楽志向はどちらからというとバンド文化、もしくはヒップホップ文化なのでEDM系の人はなかなかいいベニューに辿りつかないと思いますが、ここはとってもオススメです。

Output

クラブの名前:Output
住所:74 Wythe Ave, Brooklyn, NY 11249
オフィシャルウェブサイト:outputclub.com

いかがだったでしょうか。ブルックリン観光するには時間が無い方には朝から昼までの時間でこのリストの最初の方を回ればかなり満足できます。しいて言えば、食いしん坊の方には是非ともEGGには行っていただきたいです。このリスト以外にもとんでもない量の有名レストランがしのぎを削っている街、それがブルックリンのウィリアムズバーグなんです。歩くだけでも楽しいのは間違いありません。ウィリアムズバーグは今後もどんどん発展していってゆくゆくはソーホーのようになってしまうのでしょう。数十年経ってあのころはよかったー、、、って言われる前に今のブルックリンを感じて日本に帰りましょう!

pureo