【完全保存版】ニューヨークでハロウィン・パレードを本気で楽しむ方法 【完全保存版】ニューヨークでハロウィン・パレードを本気で楽しむ方法
こんにちは!毎年のニューヨークのハロウィンパレードに参加するプレ子PUREKOです!
2017年10月31日(火曜日)にニューヨークにいるならば、必ず本場のハロウィンを体験していただきたいです。一緒に仮装して街に繰り出すのもよし、パレードの観覧者として参加するのもよしです!
ハロウィン当日には、会社にも仮装して出勤しちゃうニューヨークカーもいるほど、町中で盛り上がっています。
そんなハロウィンのパレード情報、仮装ショップの情報、基本的なアメリカ文化について、ハロウィン当日のパーティー情報などをご紹介!みんなでハロウィンを満喫しましょう!

もうひとつ重要お得情報!知ってて得するニューヨーク観光のマストアイテムのニューヨークシティパスもNY到着前に必ずゲットしておきましょう!
記事「一人あたり78ドルも得するニューヨークシティパスの購入方法」からご確認ください!

1、ハロウィン・パレードの基本情報

ニューヨークの名物パレードのひとつ、Village Halloween Parade(ビレッジハロウィンパレード)です。今年2017年10月31日(火曜日)には第44回目を迎えます。
夜間に行われるパレードで、約5万人以上が様々な仮装をして参加します。とてもクオリティの高い仮装をした人が多く、観覧だけでも楽しめますよ。
また仮装した人であれば、観光客でも誰でも参加ができます。

正式名称
New York City’s 44th Annual “Village Halloween Parade”
開催日時
2017年10月31日(火曜日)19:00〜23:00
パレードルート
6番街沿い北へ、Spring St.から16th St.
公式ウェブサイト
halloween-nyc.com

おすすめパレード参加時間・エリア

ハロウィンパレードは、チャイナタウンからユニオンスクエア付近まで進み、夜19時から23時頃まで開催されます。

パレードに仮装して参加する人は

パレード参加時間:18:30 〜 21:00の間
パレード参加地点:6th aveとCanal st(キャナル・ストリート)

6番街を北へと進んでいきます。9時までに参加できればパレードに入れるみたいですが、当日はたくさんの人が押し寄せ、交通規制もかかるので、なるべく早く到着することをおすすめします。
最寄の地下鉄は、1,A,C,E線「キャナルストリート駅」です。当日はパレード参加地点に近くほど、地下鉄内でも仮装した人々に圧倒されます。

集合場所の地図

当日は下記のように道路がかなり封鎖されています(CLOSEDのところ)。タクシーでは確実に無理ですので、徒歩か地下鉄をご利用ください!

ハロウィンマップ

パレードを道から観覧する人は

パレード観覧時間:19:00 〜 23:00頃
パレード観覧エリア:6th ave沿いのSpring St.から16th St.の間

一番混み合うのは、Bleecker St.(ブリーカー・ストリート)と14th Street(14丁目)の間と公式では言われています。最前列で観覧したい人は、早めの到着か上記以外のパレードルート内で観覧することをおすすめします。
といっても、上記の混み合うエリアはパレードルートのほぼ90%です。笑 どこでもかなりの人が観覧しにきているので、とりあえず、早めに行くことが一番でしょう。。

ちなみに
ブリーカー・ストリートは、開始地点のスプリング・ストリートから5ブロック先です。
14丁目は、終了地点の16丁目より2ブロック前です。

服装と持ち物情報

ハロウィンパレードには毎年テーマがあります。
今年のテーマは「An Imaginary Menagerie」(架空の動物園)
海外の映画などで見たことがあるような移動式動物園や移動遊園地でよくある小さな舞台のことで、空想的な生き物を想像するテーマです。

chesire-cat

服装については、普段着ではなく仮装衣装です。
テーマにあった仮装を選ぶともっとパレードと一体感が楽しめるはずです!
でも地味に気温は低いので、薄着はしすぎないように風邪には気を付けてください。

持ち物は、自由です。
なるべくショルダーバッグやバックパックなどは避けた方が無難です。知らないうちに貴重品をバッグから盗難されるのを防ぐためです。

パレードの公式イベント情報・仮装コンテスト!

一般の仮装ニューヨーカーに加え、数百を超えるからくり人形、 様々なジャンルの53組の音楽バンド、ダンサーやアーティストもパレードに参加します。

このハロウィンパレードは毎年、若い世代や将来のアーティストたちにも支えられています。
2017のGrand Marshal(「大トリ」の意味合い)は、Anjelicaという女性アーティストです。Alexei Kazantsevがデザインしたニューオーリンズスタイルのパレード車に乗って盛り上げてくれる予定です。

また、パレードのサポート会社がオーガナイズするパレード車や、事前に登録した一般のパレード車もお披露目されます。

floats

パレードに出て、コンテストで優勝しよう!

パレードに出れば、自動的にコスチュームコンテストに応募したことになるそうです!
是非共クリエイティブでぶっとんだコスチュームをまとって、6th aveのキャナルストリートに10/31当日に集合してください!
下の写真は過去の入賞者の方らしいです。
パレードのあと、公式サイトに入賞者ページに写真がのっていたら、自分で連絡をいれないといけないみたいです!

ハロウィン

パレードではみんな何をする?

仮装した人々がパレードの中、自身の仮装を自慢げに練り歩きます。That’s it. です。
と言ってしまったら、楽しそうには聞こえませんね。。
パレードでは、他の参加者と一緒に写真撮影をしたり、観覧者から撮影を頼まれます。仮装の褒め合いなんかもありそうですよね。
音楽も流れ、時には踊ったり、周りと一緒に楽しむのがハロウィンパレードです。

ニューヨークハロウィン

注意事項・パレード後の交通手段など

盗難などに注意:5万人以上も集まるパレードですので、犯罪に合う確率が高まります。貴重品などはなるべく携帯せず、盗難などに気をつけて楽しくパレードに参加しましょう。
かばんを持って行く際は、バックパックやショルダーバッグは気づかないうちに中のものを盗られている場合もあるので、注意が必要です。一番は盗られて困るものはパレードに持っていかないことです。

寒さに注意:また、気温にも注意が必要です。
ニューヨークの10月の平均最高気温は18℃、最低気温は10℃です。
夜はジャケットが必要なくらいまで寒くなります。ニューヨーカーのすごさは、かなり薄着なのに平気そうなところです。みなさん新陳代謝が良さそうだからでしょうか、日本人は大半が寒がる季節ですので、お気をつけください。

パレード後の交通手段:パレードは夜11時ごろまでです。そしてアフターパーティ(後ほど紹介)もあるので、帰る頃は夜遅くになっていると思います。
当日は地下鉄や町中では人が多くいるかと思いますが、油断禁物です。一人だけで行動はせず、何人かで移動をすることも重要です。イベント当日は、夜中にタクシーを見つけることは結構、難しいです。徒歩か地下鉄になることを想定していた方が無難です。

ハロウィンパレード体験談

プレコは以前のハロウィンパレードに観覧者として、参加しました。
前に詳しく調べもしないで行ったことがありますが、軽く立ち寄るだけではうまくパレードを見ることができませんでした。地下鉄を降りたはいいものの、人が多く、どこにパレードがあるのかもよくわからない状況になったのを覚えています。「仮装している人が普通に歩いてる」だけが見れました。。
やはり事前にリサーチ&情報ゲットして当日に楽しめるのが一番ですね!

パレードレポート記事「NYのハロウィンはやっぱり半端ない!!」もご参考ください!

Halloween NEW YORK 2016

2、NY特設・仮装ショップ情報

ハロウィン

この時期はいろんな場所で衣装は購入可能です。MACYSや大手デパートはもちろん、DUAN READE等の薬局等でも沢山の衣装は売っております。また、ハロウィン限定の衣装専用ショップ等もマンハッタン各地で特設オープンしており、大量のコスチュームの中から選ぶこともできます。上の写真はアメリカンアパレルの看板ですが、お洋服屋さんにも必ずと言っていい程ハロウィン用コーナーがあります。
下記のようなハロウィン以外は何やってんの?って思えるようなハロウィン用コスチュームショップなんかもイーストビレッジにはありますよ。

イーストビレッジの有名コスチューム店「New York Costumes」

15年以上の歴史をもつコスチューム屋さんです。簡単に手に入らない仮装グッズを販売しているにちがいありませんよ。

住所:104 4th Ave, New York, NY 10003
営業時間:月〜木 11am-9pm, 金〜土 11am-10pm, 日曜 12pm-9pm
公式ウェブサイト:newyorkcostumes.com

3、ハロウィン当日 アフターパーティ情報

club

ハロウィンパレードは夜11時頃まで続きます。
ニューヨークは眠らない街!パレードを十分に楽しんだら、今度は各地で開かれているパーティーで飲み明かしましょう!!
パレードの公式アフターパーティーはSlake NYCで行われます。
クラブやバーでは入場が21歳以上のみで、年齢を確認できるパスポートなどが必須なので忘れずに!
賞金が$2500(日本円で27万くらい)のコスチュームコンテストも開催されます。
前売り券は$35。公式チケットサイトで購入できます。

Slake NYC
住所:251 W 30TH Street(7と8番街の間)
公式サイト:slakenyc.com/events

少し古いですがオフィシャル動画もお楽しみください♩

4、基本的なアメリカでのハロウィン文化について

ハロウィンの歴史
ヨーロッパ、スコットランドなどに多く住んでいたケルト人の行事「サムハイン祭」が始まりだと言われています。
ケルト人の文化では、10月31日は一年の最後の日(日本でいう大晦日にあたりますね)となっていて、この日には、祖先の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。
重要ポイントは、その祖先の霊と共に悪霊もやってきてしまうとケルトの人々は考えていたことです。
その悪霊から身を守るため、人々は仮装をしたり、火を焚いたりして10月31日を過ごしていました。

この習慣が移民としてアメリカへ渡ったケルト人によってアメリカの習慣になるまでに広がりました。

なので、アメリカ人の仮装がとても怖い路線な理由が理解できますよね!
悪霊から身を隠すためにも、とっても怖く仮装しないと意味がないということですね。

Halloween NEW YORK 2016

pureko