こんにちは、プレ美です。
なんだか急に秋が始まったニューヨーク。
肌寒い日のニューヨーカーと言えば、コーヒー片手に颯爽と歩いているイメージがありませんか?
ニューヨーカーはコーヒー好きが多い!
確かに町中には美味しいコーヒー屋さんが沢山あります。
でも、そんな中で長年ニューヨーカーに愛され続けている紅茶があるんです!
本日は私も大好きなニューヨーク発の紅茶ブランド、Harney and Sonsを紹介します。

Harneyandtea

Harney and Sonsは30年前にニューヨーク郊外でスタートしたブランド。
シナモンフレイバーの紅茶が大ヒットするやいなや、有名ホテルなどで取り扱われ始め、ついには紅茶界のオスカー、英国ロンドンのAfternoontea賞を受賞しました。
紅茶の本場イギリスでも認められた、アメリカ発の紅茶ブランドなのです。

おそらく日本の皆様の中には、このHarney and Sonsをご存知な方もいらっしゃるのではと思います。
最近では日本のDean & Delcaなどでも取り扱いがあったり、日本語のサイトもあるようです。

Harney and Sons日本語サイト:http://harney.jp

ニューヨーク内でも料理用雑貨の店Williams Sonomaや、スーパーのfairwayなどで取り扱われています。
でもせっかくニューヨークへ来たのなら、是非SOHOにあるフラッグショップに立ち寄ってみて下さい。
何と言っても品揃えが違います!
ずらっと並ぶお茶と、それに合うお茶菓子やティーポットなども扱ってます。
紅茶に限らず、緑茶やウーロン茶、ハーブティーもあります。

HARNEY AND SANS

迷ったら店員さんに聞いてみましょう。
試飲も気軽に出来ます。
英語が心配な方は、日本語のサイトでフレイバーを事前にチェックしておくと良いかもしれませんね。

HARNEY AND SANS

私はこのHT Tincanシリーズの大ファン!
20袋もティーバッグが入っていて、約$8。
缶もかわいいし、フレイバーもいっぱいで迷うほど。
色々な種類を集めてその日の気分に合う紅茶を飲めたらホッコリ幸せですよねー。
今回はディカフェのお茶を探していたので、Vanilla Comoroというフレイバーを買いました。
ディカフェでもしっかり紅茶の香りがして大満足。
お土産にも喜ばれること間違いありません!
ばら撒き土産用なら、ティーバッグが5個入った小さな丸い缶のTagalongsシリーズがお勧め。
一個約$4です。

HARNEY AND SANS

奥のカフェスペースではゆっくり休憩も出来ちゃいます。
ちょっとしたスィーツもあり、お茶の種類も豊富。
しかもアイスティーにすることも可能で、一番小さいサイズでも2~3杯分のポットで来るのが嬉しい!
御手洗いもあり、SOHOのど真ん中で、休憩にもってこいの場所です。

HARNEY AND SANS

私はカフェスペースでIchiban senchaなるものを飲んでみました。
こ、これは、、、懐かしい!!
まさに日本で食後に飲む煎茶の味でした。
ホームシックの方はご注意。
懐かしくて泣いてしまうかもしれませんよー。

HARNEY AND SANS

素敵なお土産をお探しの時、お買い物に疲れた時、はたまたホームシックになった時、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

Harney and Sons公式サイト:https://www.harney.com/
住所:33 Broome St, New York, NY 10013

puremi