pub

こんにちは!PUREKOプレ子です♩
近頃、ジャケットを脱いでも歩けるような気候になってたニューヨークからあるイベント行事についてお届けします。

本日3月17日は街が”みどりに染まる日”ということで、「セント・パトリックス・デイ」です!
3月17日はアイルランドにキリスト教を広めた聖パトリック氏の命日で、全世界で盛大に祝われています。カトリック教徒以外の人も参加する事が多く、パレードなどが催され、市民も緑の服を着て祝います!
緑色は「エメラルド色の島」とも呼ばれるアイルランドのシンボルカラーです。

  1. ニューヨーク、マンハッタンの3月17日
  2. セント・パトリックス・デイ・パレードとは
  3. アイリッシュパブでアイリッシュビールを飲もう!
  4. セント・パトリック大聖堂をご紹介
  5. 現地には行きたくはないけど、パレードが観たい方へ

1、ニューヨーク、マンハッタンの3月17日

st

当日、ニューヨークは、アイルランド系の移民も多いので、盛大にお祝いをします!
また、この祭日のパレードが始ったのはニューヨークからだそうで、1762年3月17日にアイリッシュの兵隊が町を行進したのが始まりだそうです。今でも、マンハッタンでは毎年、6時間ぶっ通しでパレードが行われています。

また街中では、全身緑の服で出勤している人も見かけます。夕方に近づくほど、町では緑の服を着たグループを見かける事が多くなり、どこかを向くとすぐに見つけれるほどです。

2、セント・パトリックス・デイ・パレードとは

image
画像参照元:Courtesy Creative Commons/Flickr/Rob Hoey Brooklyn St. Patricks Day Parade

ニューヨーク、マンハッタンのパレードは午前11時から午後5時くらいまで開催されます。
ルートはイーストサイド、五番街の50丁目から80丁目近くまで行進します。
アイルランド民族衣装、チェック柄のスカートを履いてアイリッシュパイプを吹く人達や、クローバーのマーク、シャムロックや緑色で飾りたてたグループが五番街を練り歩きます。
また毎年、20万人ほどが行進し、観客が200万人ほど集まります。ニューヨークでは盛大なお祭りパレードのひとつですね!

NYセント・パトリックス・デイ・パレード公式サイト:www.nycstpatricksparade.org

3月17日は、平日だろうがパレードが開催されます。アイリッシュパブも日中から盛り上がっているようで、みんな仕事はどうしているのかとても気になるところです。

またこのゲイパレードもおすすめパレードのひとつです☆

3、アイリッシュパブでグリーンビールを飲もう!

カトリック教徒以外の人も緑色の服をきて、町へ繰り出しイベント気分をたっぷり楽しむ人が多いです。また、ニューヨークにはアイリッシュ系移民も多く、アイリッシュパブも珍しくありません。
アイリッシュ料理も良いですが、一番のおすすめはBEER!ビール!
みどり色のビールをこの日だけ特別に出しているお店が沢山あります。この日だけという限定商品、ニューヨークにおられる方は見逃せないですね!

pubb

4、セント・パトリック大聖堂をご紹介

ついでに、マンハッタンのミッドタウンにあるカトリック聖堂教会をご紹介します。140年以上もの歴史があり、ニューヨークでの有名な観光地の一つです。現在はまだ工事中ですが、建物内には入れて、とても神秘的な雰囲気が漂っています。ミサも毎日行っているようです!

St. Patrick’s Cathedral

住所:5th Avenue (between 50th/51st) New York, NY
営業時間:毎日 7:00AM – 8:30PM
公式サイト:www.saintpatrickscathedral.org/

5、現地には行きたくはないけど、パレードが観たい方へ

stpatricks

観客200万人はちょっと..と言う方、信者じゃないけど雰囲気を味わいたいと言う方、日本からリアルタイムで参加したいと言う方、オンラインで観れますよ!!ESTタイムに合わせて、アイリッシュビールを片手に是非ご観覧ください!

NYセント・パトリックス・デイ・パレード公式サイト:www.nycstpatricksparade.org